幸せの見つけ方

日々の幸せをシェアし、一人でも多くの人を幸せにし、子どもたちが安心して暮らせる社会をつくるブログ

どうして自己負担0円で大好きな旅行ができているのか?

スポンサーリンク

f:id:plus_ten:20181126054226j:plain

どうも、ぷらてんです。

 

私たち家族は旅行が好きで、3年前に子どもが産まれてからだけでもディズニー4回、USJ1回、沖縄2回、その他東北各地に行きました。

 

これだけ旅行をしていると、友だちから「よくお金あるな?」と言われます。

しかし、実は私たちの旅行は、ある方法で毎回ほとんど自己負担なしで行っているのです。

 

友だちにもそのやり方を教えるのですが、めんどうがってやりません。
ほんのひと手間だけなのに、もったいない…。


今回はその方法を紹介しますので、旅行に興味がなくてもおこづかいが欲しいひとは、さいごまでお付き合いください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

旅行のルール

旅行を計画する際に私の中で決めているルールがあります。

それは、

 

  • 旅行資金は生活資金から出さない
  • 現地滞在費は生活資金からだす

 

というものです。

 

さすがに生活資金から持ち出し0円、というのは難しいので、せめて現地滞在費のみと決めています。

 

それでは、旅行資金(交通費と宿泊費)はどこからでてきているのでしょうか?

 

旅行資金調達方法

その方法は、主に次の4つです。

 

  1. ハピタスでかせぐ
  2. 楽天ポイントをためる
  3. メルカリでかせぐ
  4. その他のポイントを活用する

 

この中ではハピタスでかせぐのが、一番の柱になります。

ひとつずつ解説しましょう。

 

ハピタスでかせぐ

みなさんはハピタスというポイントサイトを知っていますか?
別名おこづかいサイトともよばれています。

 

ここまで得しかないサービスもめずらしいですので、まだ知らない、知っているけどやったことがないというひとは、ぜひ今すぐ登録しましょう!

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

自己アフィリエイトと呼ばれる仕組みなのですが、特にそれを理解していなくても不安に感じることはありませんし、すぐにでも利用することができます。

 

使い方も簡単。

 

ハピタスのサイト経由で次のようなサービスを受けることで、ハピタスポイントがドンドンたまります。

 

f:id:plus_ten:20181126054956p:plain

 

ためたポイントは、1ポイント1円で交換することができるのです。

しかも手数料無料で。

 

f:id:plus_ten:20181126060147j:plain

 

具体的に説明しましょう。

 

たとえばハピタス経由で楽天カードを発行してみたいと思います。
(すでにハピタスの会員登録を済ませた状態)

 

通常だと、このように楽天のサイトからカードを発行しますよね。

 

f:id:plus_ten:20181128053526j:plain

 

これだけでも5,000楽天ポイントがもらえますが、利用が楽天のサービスのみに限定され、現金化はできません。

 

これを、ハピタス経由でやるとどうなるか。

サイトにログイン後、検索バーに「楽天カード」と検索すると、このような画面が表示されます。

 

f:id:plus_ten:20181126061959j:plain

 

ここでは、もらえるポイント、詳細、対象条件などをチェックします。

 

執筆時点では7,000ハピタスポイントがもらえますが、13,000ポイントまでポイントアップしていたこともあるので、そのときを狙うのもありでしょう。

(すでに500から7,000ポイントにアップしているように見せていますが、いつもこのくらいです。)

 

確認を終えて特に問題なければ、右側の「ポイントを貯める」のボタンを押します。

 

すると、先ほどと似たような楽天のページが表示されるので、同じようにカードを発行すれば、無事に7,000円ゲットです。

 

 

「たったこれだけ?」

 

と不思議に思うかもしれませんが、本当にこれだけなのです。

 

最初にハピタスの会員登録さえしてしまえば、あとはサイトのバナーをクリックするというひと手間だけで、おこづかいがもらえます。

 

楽天ポイントを現金価値ととらえれば、なんとカードひとつ発行するだけで12,000円!

 

私が楽天カードを発行したときにはハピタスを知らなかったので、本当にもったいないことをしました。

 


クレジットカード案件は特にポイント単価が高いのでオススメですが、注意点が3つあります。

 

 

1)年会費がかかるカードはさける

せっかくポイントが入っても年会費がかかっていては、いつかマイナスになります。
初心者は年会費無料のカードをつくりましょう。

 

年会費はハピタスのページを見てもわからない場合が多いので、一度「ポイントを貯める」を押して、カード発行の画面で必ず確認するクセをつけましょう。

 

ただし、年会費がかかるカードはその分ポイントが高いです。

 

f:id:plus_ten:20181126155430j:plain

 

たとえば、このエムアイカードであれば、年会費が5,000円(税抜き)でポイントが10,000円と、ポイント数の方が上まわります。

 

また初年度は年会費無料のものもあるので、ポイントをゲットしたら忘れずにカードを解約できる自信があるひとは、挑戦しても良いかもしれません。

 

そう考えると楽天カードは年会費無料で7,000ポイントですから、神案件ですね!

 

 

2)対象条件をよく読む

f:id:plus_ten:20181126155500j:plain

 

さきほどと同じカードの「ポイント対象条件」を見ると、このように一定額のカード利用が必要なものがあります。

 

利用すればちゃんとポイントがつくので、忘れずにつかいましょう。

 

私の場合は、条件金額ピッタリに車のガソリンを入れることにしています。

どのみち払うものですからね。

 

 

3)発行は月に3枚まで

クレジットカードは、むやみにつくると不正を疑われてブラックリストに登録されるそうです。

そうなると新しいカードをつくるときの審査がとおりにくくなってしまいます。

 

目安としては月に3枚までに抑えておくと良いそうなので、つくりすぎには気をつけましょう。

 

なお、私はそのことを知らずに最初のころつくりまくってましたが、一度だけ審査にとおらないことがありました。

 

 

 

これらのことに注意して、高額(特にポイントアップ中)のカード案件は逃さずゲットするようにしましょう。

 

これ以外で、特に関東圏に住んでいるひとにオススメなのは、モニター案件です。

 

f:id:plus_ten:20181126163758j:plain

 

カード案件のデメリットは、単発(ひとつのカードにつき1回)であることと、連発できない(ブラックリスト対策)ことです。

 

それにくらべ、モニター案件は抽選さえ当たれば何度でもくりかえすことができます。

やり方も、いたってシンプル。

 

たとえば友だちと飲むときや職場の飲み会で幹事をまかされたときに、対象のお店を選んで利用し、アンケートなどを提出するだけで、大量のポイントをゲットできます。

 

f:id:plus_ten:20181126163218j:plain

 

たとえばこのお店であれば、飲食代金の45%がポイントになり、上限は10,000ポイントに設定されています。

 

友だちと4人で飲み会をして、会計が20,000円ジャスト。

ひとり5,000円支払ったとしましょう。

 

このとき、もしあなたがハピタス経由で予約をしていて、後日レシートとアンケートを提出していたら、9,000ハピタスポイントがゲットできるので、飲み食いしたのにむしろ5,000円分プラスになるのです。

 

ぜひとも積極的に幹事を名乗りでて、大量のポイントをゲットしましょう。

ただしポイント目的で飲み会を増やしていては、むしろマイナスになりますよ。

 

 

なお、ハピタスポイントはすぐには付きません。

タイミングはサービスによりけりなので、私は気にしないようにしています。

 

ポイントが本当に付くか不安になるかもしれませんが、「お買い物あんしん保証」というサービスもあり、ショッピングサイト側が対応してくれなくてもハピタスが対応してくれますので安心です。

 

 

 

これまでの説明で、もうハピタスをやらない理由はないことがわかってもらえたと思います。

 

私はこれだけで数十万円の旅行資金をためました。

 

さぁ、いますぐ登録しましょう。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

  

楽天ポイントをためる

ハピタスでカードをつくったら、つぎは日常的な支払いをできるだけ楽天カードに統一します。

 

また、銀行振り込みや自動引き落としにしている固定費もすべてカード決済に変更しましょう。

 

私は、次の固定費をカード決済にしています。

  • 電気代
  • 水道代
  • 電話代
  • インターネット代
  • 保険代

 

コンビニなどの少額な支払いは、Edyの出番です。

楽天カードからEdyにチャージするので、そのときにポイントが付与されます。

 

生活の中で、現金はめったにつかいません。

財布を持ち歩かないことも多いです。

 

私の場合、これで月1,000ポイントは最低でもたまります。

おかげで自然にダイヤモンド会員にランクアップされていて、ますます楽天の特典を得られやすくなりました。

 

f:id:plus_ten:20181126170752p:plain

 

これも「カードをつくって支払い方法を変更する」という、たったこれだけのことなのに、この手間をめんどうがるひとが多いことにおどろきます。

 

なお、もちろん楽天での買い物でもたまりますが、私はめったに買いません。

それでも、お買い物マラソンのときだけは別です。

 

このイベントはうまく活用することでポイントをザクザクとためることができるので、普段つかう日用品や、ふるさと納税はこのタイミングで購入するようにしています。

 

たまったポイントはホテル代やレンタカー代など、ほとんど旅行にしかつかっていません。

 

もちろん、いつも楽天で買い物しているひとは、そちらでつかっても良いでしょう。

ポイントは現金と同じなので、効率よくもらう意識が大事です。

 

メルカリでかせぐ

メリカリの売り上げも大事な旅行資金です。
誰もが知っているフリマアプリなので、説明はいりませんよね?

 

いつまでにいくら、というように計画的にかせぐことは難しいですが、コツコツとためることができます。

 

基本的には家や実家にあるいらないものを売っていますが、最初のころは独身時代に買った高い服で結構かせげました。

 

たまに、転売目的で仕入れることもあります。
いわゆるせどりですね。

 

使用期限間近のプリンターインクは、特に店舗で叩き売りしていることが多いので、利益率も回転率も良くてオススメです。

 

メルカリの売り上げだけで10万円くらいを旅行資金に回したこともあります。

登録はこちらです。

 

 

その他のポイントを活用する

他にも旅行資金にまわせるポイントはあります。

 

ポンタポイント

たとえばポンタポイント。
じゃらんに使用できるので、ためたポイントをホテル代にできます。

 

しかし生活費の支払いでためる楽天ポイントにくらべ、ローソンやゲオなどの買い物だけでは微々たるポイントしかたまりません。

 

そこで、次に紹介するリクルートカードとnanacoのあわせ技の出番です。

 

f:id:plus_ten:20181127045951p:plain

 

年会費無料のクレカでは還元率1.0%が一般的なのにくらべ、リクルートカードは1.2%と高還元率をほこります。

もちろん年会費無料。

 

たとえばリクルートカードでnanacoに1万円チャージすると120リクルートポイントがつき、1リクルートポイントは1ポンタポイントに交換できます。

 

f:id:plus_ten:20181127051830j:plain

 

 

nanacoに万単位でチャージしたところで、「セブンやイトーヨーカドーでそこまで買い物しないよ!」と思うひともいるでしょう。

 

しかし、実はnanacoは税金の支払いができるのです。

 

私の場合、

  • 車の税金(妻のもふくめて)
  • 家と土地の固定資産税

 

を、この方法で支払っています。

 

他にも住民税(自分で払う場合)やカード決済できない公共料金などをnanacoで支払うことが可能です。

 

税金は万単位になるものも多いので、ポイントがつかない現金払いは今すぐやめましょう。

 

  • 固定費は楽天ポイント
  • 税金はポンタポイント

という感じで区別するとわかりやすいです。

 

nanacoカードはセブンやイトーヨーカドーで300円、8のつく日はイトーヨーカドーだと無料で作成できます。

 

「別に1.0%でも良いから楽天カードでチャージしたらダメなの?

と思われるかもしれませんが、

 

ダメです!

 

残念ながら、楽天カードはnanacoにチャージしたところでポイントがつきません。

  f:id:plus_ten:20181128060958j:plain

 

お手持ちのカードがnanacoにチャージでポイント付与されるかは、ご自身でお調べください。

 

紹介しているリクルートカードであれば間違いなくポイントがつき、かつ高還元率なのでオススメです。

 

リクルートカードはもちろん、ハピタス経由で。

 

f:id:plus_ten:20181128061548p:plain

 

今だと2,400ハピタスポイントがたまります。

 

ホテルズドットコム

私がホテルをとるときにもっとも利用しているサイトがホテルズドットコム。

この記事でも紹介していますが、これ本当にオススメです!

 

www.plus10net.com

 

楽天トラベルやじゃらんでは、宿泊金額に対して通常1~2%しかポイントがつかないのに対し、ホテルズドットコムは最大10%にもなリます。

 

正確にはポイントではないのですが、10泊利用するとその平均宿泊金額分がクーポンとしてもらえます。

 

f:id:plus_ten:20181128062655j:plain

 

1泊1万円のホテルに10泊(10万円分)すれば、次の宿泊に使える1万円のクーポンがもらえるので、実質還元率10%という計算です。

 

私は次の旅行で、このように10,212円分をつかうことができます。

 

f:id:plus_ten:20180823062629j:plain

 

連泊したり団体での旅行の場合、10泊はすぐにたまります。

 

たとえば先日記事にした、4家族のディズニー旅行の場合。

実際はバケパだったのでホテルズドットコムは利用しませんでしたが、もし利用していたら、2泊×4部屋で8泊分が一度にたまっていました。

 

これだけで、10泊の特典をうけるためには、あとたった2泊ですむのです。

 

www.plus10net.com

 

団体旅行や、部活の遠征など、本来なら旅行会社にまかせるようなケースこそ、ホテルズドットコムは実力を発揮します。

このような旅行を計画するさいは、そっせんして幹事を名乗りでましょう。

 

ホテルズドットコムが優れているのはこれだけではありません。

 

価格保証制度は、他の宿泊予約サイトよりホテル代が高ければ差額分を割り引いてくれる制度です。

 

f:id:plus_ten:20181128063218p:plain

 

私は何度もこれを利用しましたが、その度にハンパない早さで割引処理がされるので、感動します。

 

さらにハピタス経由でも、軍配があがります。

  

サイト名 ハピタス還元率
Hotels.com 3.5%
楽天トラベル 1.0%
じゃらん 2.5%
一休 0.6%
るるぶ 1.2%

(平成30年11月28日現在) 

 

(補足)

新幹線がセットになりますが、びゅうは還元率が高くてとてもオススメですよ。

 

f:id:plus_ten:20181128064553p:plain

 

 

出張が多いひとは、仕事で宿泊をためてプライベートでクーポンを利用できるので本当にうらやましいです。

 

会員登録はコチラから。

 

 

もう他の宿泊サイトを利用する理由が見当たりませんね!

 

まとめ

以上、私が自己負担0円で大好きな旅行をしている方法を紹介しました。

 

お金があるから旅行できているわけではなく、こういった地道なことをコツコツやっていたんですね。

 

でも、まったく手間ではなくむしろ楽しんでやっています。

 

「今回は〇〇万円たまってるから、どこに行こうか?」なんて話で妻とも盛り上がってますしね。

 

 

ちなみに、1月にはまた家族旅行に行ってきます。


私のフリーランス独立を記念して平日の安いときに。

もちろん、旅行資金はプライスレスです。

 

今日も世界中で幸せな出来事が起きますように。