幸せの見つけ方

日々の幸せをシェアし、一人でも多くの人を幸せにし、子どもたちが安心して暮らせる社会をつくるブログ

雨の日の石垣島の歩き方

スポンサーリンク

f:id:plus_ten:20180822213143j:plain

どうも、ぷらてんです。

 

今年の夏休みは3泊4日、家族3人で石垣島に行ってきました

去年は本土の那覇に行ってきたのですが、ある日、娘が那覇のガイドブックを読んでいたときに、「これに乗りたい」と水牛車を指さしたので、今年は石垣島にしました。

 

実際には水牛車は石垣島では体験できず、石垣島からフェリーで約15分で行ける竹富島で体験しました。

 

娘が夏休みに入ってからは毎日のように「今日沖縄行く?」と聞いてきて、私が「まだだよ。楽しみだね。」と、楽しいやり取りをくり返してきたのですが、いざ石垣行きが近づくにつれて、私たち家族は、悲し現実と向き合うことになります。

 

f:id:plus_ten:20180822215738p:plain

 

これは石垣島に到着した初日に表示したお天気アプリのスクリーンショットですが、見事に旅行期間中、ほとんど雨でした

 

立て続けに発生した台風の影響で、天気予報はまったくアテにならず、曇り予報でも雨、雨予報でも曇り。

ときには30mmの大雨予報でも雨が降らなかったりと、綿密に立てた計画はことごとく狂わされました。

 

それでも、私たちは旅慣れているので、臨機応変にプランを変更し、悪天候の割には十分に石垣島を満喫することができました

 

今回は、備忘録もかね、雨の日の石垣島の歩き方を参考までにご紹介したいと思います。

だいたい時系列になっています。

 

スポンサーリンク

 

 

ホテルミヤヒラ

まず、ホテルですが今回は竹富島行きのフェリーターミナル近くの、ホテルミヤヒラに宿泊しました。

予約はもちろん、Hotels.comです。

 

f:id:plus_ten:20180823061223j:plain

 

この予約サイト、本当にオススメです。

 

あとで詳しくまとめる予定ですが、多くの対象ホテルが「10泊泊まると1泊分の無料宿泊特典」の対象になっていて、10泊すると、その10泊分の平均額のクーポンが配付されます。

 

単純に10,000円のホテルに10泊すると、平均10,000円になりますので、次回の予約で利用できる10,000円引きのクーポンがもらえます。

 

ポイント還元率で考えると実に10%です。

 

楽天トラベルでは通常ポイント還元率1%、じゃらんでも2%であることを考えると、恐るべき還元率です。

ただし、楽天ポイントやポンタポイントは利用範囲が広いので、その点は良いですね。

 

そして、今回の宿泊でちょうど10回分が貯まり、特典を得られました。

 

f:id:plus_ten:20180823062629j:plain

 

今回の特典は10,212円分になりますね。

次の旅行が楽しみです。

 

また、Hotels.comでは最低価格保証というものもあり、他の予約サイトの同じ宿泊条件でHotels.comよりも安いプランを見つけたら、その差額分を返金してくれます。

 

この最低価格保証はどのホテルにも適用されるわけではありませんが、かなりのホテルが対象になっています。

私は今のところ適用されるホテル以外に宿泊したことはありません。

 

今回のミヤヒラに関しても、楽天トラベルの方が安かったので、その差額5,250円分を返金してもらいました。

 

f:id:plus_ten:20180823063302j:plain

 

しかも、その差額返金までのスピードが恐ろしいほど早いです。

本当にチェックしたの?と思うほど、早いです。

 

今まで何度も返金リクエストを出しましたが、すべて数時間以内に処理されています。

 

価格は最安、ポイント還元率は常に楽天のスーパーセール並み、となれば、Hotels.com以外を利用するなんて、私には考えられないです。

 

気づいたらホテルの説明まったくしていませんね。

Hotels.comの魅力はこれだけではとどまらないので、近々必ず記事にします。

 

ご利用はこちらから。

 

 

 

なお、旅行の記事を書くのは初めてなので、写真をもう少し撮れば良かったと反省しています。

ただし、基本的に今回の旅行はずっと雨だったので、外観の写真はホテルに限らず少ないです…。

 

アクセス

石垣空港から直通のバスが離島行きのフェリーターミナルまで出ているのですが、ミヤヒラは、ターミナルに最も近い立地にあるので、雨でもあまり濡れることなくホテルにたどり着くことができました。

 

また、中心街にあるので、買い物に最適なユーグレナモールや730COURT、食事処へ歩いて行けて便利でした。

 

無料の駐車場があるのもありがたいですが、20台しか停められないので激戦です。

私は運良く停めることができましたが、特にフロントに報告する必要もないので、宿泊者以外も停めてるんじゃないでしょうかね。

 

客室

今年リニューアルしたばかりの新館に泊まることができたので、とてもキレイでした。

ただし壁は薄く、廊下での話し声が普通に聞き取れました。

 

私の確認不足で、一番安いプランで泊まったらベッドがセミダブルでした。

3人で寝るととても狭かったですが、仲良し家族なので問題なかったです。

 

ただし、通路側にベッドガードを付けてもらったのですが、寝相の悪い娘は見事に足元側から転落して泣いていました。

まぁ、これはベッドの狭さの問題ではありませんが。

 

大浴場

洗い場が6人分くらいで浴槽が1つでした。

私的には十分でしたが、普段銭湯に通っているので、娘は「小さい」、「水風呂がない」と怒っていました。

 

ちなみに、大浴場に置いてあるシャンプーやリンスでは髪がギシギシになります。

 

妻が事前に口コミを見て、大丈夫だと思っていたらしく、今回の旅行ではマイシャンプーなどを持ってきませんでした。

 

結局、客室に置いてあるシャンプーなどの方が調子良かったので、後半はそれを大浴場へ持っていきました。

 

朝食

バイキングですが、毎日メニューが変わるので、あきずにお腹いっぱい食べられました。

メニューも豊富で、ご当地グルメもたくさんあるので、大満足です。

 

また、キッズスペースもあるので、私たちはその付近に席を取り、食事を終えた娘を遊ばせていました。

ただし、キッズスペース付近は冷房が強くて寒かったです。

 

夜にはミニコンサートをやっていたので、お風呂上がりに楽しむことができました。 

 

売店

広い売店が1つありました。

 

品揃えが良く、昨年那覇に行った時に妻がリサーチしていた可愛いハンドメイドの雑貨屋さん「Splush」の商品も並んでいて、妻が喜んでいました。

 

私はここで、妻にバレないようにミンサー織りのお守りを購入し、後ほどサプライズでプレゼントしました。

これです。

 

f:id:plus_ten:20180825055549j:plain

 

レンタカーでドライブしている最中、妻からミンサー織りについて力説されました。

 

特徴的な五つと四つの模様に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く…。」という想いが込められているそうです。

 

2001年に放送されたNHKの朝ドラ「ちゅらさん」で、小浜島に住む主人公の女の子が好意を寄せる友だちに対し、この説明をしてミンサー織りの何かをプレゼントしたらしいです。

 

私は「ちゅらさん」を見ていませんが、妻がそのときのシーンを車内で忠実に再現していて、「良い話だな」と思って聞いていたので、こっそりプレゼントすることにしました。

 

 

なぜお守りにしたのかと言うと深い意味があります。

それは次あたりで記事にしたいと思います。

 

なお、売店は朝食会場に行くときも、大浴場に行くときも必ず通るところにあるため、その度に娘が売り物の人形で遊びだすのが大変でした。

 

まるさ 美崎店

石垣到着日の夕食で利用しました。

ちょうど土砂降りのタイミングでしたが、ホテルから徒歩1分(裏口から出ると目の前)だったので、とても助かりました。

 

f:id:plus_ten:20180826055326j:plain

 

まずは12時間の移動お疲れ様でした!とオリオンビールで乾杯。

妻は沖縄っぽいサワーを頼みましたが、名前を忘れました。

 

お酒は夫婦でそれぞれ1杯のみ。

それでもお互い顔が真っ赤になるほどお酒が飲めません。

 

食事はどれも美味しく、翌日以降利用した他の店に比べて価格も安かったので、コスパは良いと思いました。

 

お会計は、3人で6,868円でした。

 

f:id:plus_ten:20180826055828j:plain

 

特にこの石垣牛のにぎりは美味しかったです。

 

マエサトビーチ

観光初日、雨は降っていませんでしたが雨予報(しかも大雨警報)だったので、室内でも楽しめるANAインターコンチネンタルのプールに行くことにしました。

 

しかし、ホテルに着いたら他のお客さんが続々とビーチの方に向かって歩いていたので、私たちも予定を変更してマエサトビーチに行ってきました。

 

プールは有料ですが、海は無料ですからね。

ちなみにホテルの駐車場も無料です。

 

f:id:plus_ten:20180826095357j:plain

 

こんな感じで、厚い雲におおわれていましたが、今すぐに雨が降りそうというわけでもなく、結構ギャンブルでした。

 

マエサトビーチでは様々なレンタル用品がありましたが、特に何も借りず、浮き輪に空気だけ入れてもらいました(無料)。

 

海はもちろんキレイで、監視員も多いので子連れには安心のビーチです。

 

ただし、管理区域はそこまで広いわけではないので、天気が良い日だと結構狭く感じるかもしれません。

 

f:id:plus_ten:20180826102200j:plain

f:id:plus_ten:20180826102348j:plain

 

有料のウォーターパークもあり楽しそうでしたが、今の娘にはまだ海に入って、海藻や貝を集めているだけで十分みたいです。

 

結局、風は強かったですが雨は降らず、ほんの一瞬でも太陽が見えた時間もあったので、十分楽しむことができました。

本当に石垣の天気は予測不能です。

 

来夏世(くなつゆ)

f:id:plus_ten:20180826102825j:plain

人気の八重山そば屋さんです。

予約はできませんが、マエサトビーチから真っ直ぐ向かって11:40に着いたら、少し待っただけで中に入れました。前に2組ほど待っていた程度です。

 

ちなみに駐車場はお店の前に少しだけありますが、裏手に契約駐車場があり、私が停めたときには他にも空きがありました。

 

f:id:plus_ten:20180826113942j:plain

 

娘は道中で夢の中へ。

海で疲れたのでしょう。

 

幸いにして座敷に案内してもらえたので、ゆっくりと寝かせてあげることができました。

見た感じ、座敷はこの1室しかなかったような気がします。

 

f:id:plus_ten:20180826114423j:plain

 

メニューはシンプルなので迷いません。

料金が安かったので、私は八重山そば(大)を単品で、妻は八重山そばセットを注文しました。

 

f:id:plus_ten:20180826114510j:plain

f:id:plus_ten:20180826114515j:plain

 

結構ボリュームがありお腹いっぱいになりました。

妻は店員さんにラップをもらい、セットメニューのジューシーで娘用におにぎりを作っていました。

 

安い、うまい、店員さんの態度も良しで、大満足でした。

 

光楽園(ひかりらくえん)

f:id:plus_ten:20180826115238j:plain

妻がリサーチしたスイーツ屋さんです。

しばらく「こうらくえん」だと思っていました。

 

 2人ともフラッペを買い、娘用のコップをもらって3人でシェアしました。

 

室内の他にテラス席もあり、雨は降っていなかったので私たちはそちらへ。

他のお客さんはみんな室内で食べていました。

 

 

f:id:plus_ten:20180826120127j:plain

 

ロケーションばつぐんなので晴れていれば最高だったのですが、あいにくの天気に娘もちょっと不満そうな様子。

 

また、晴れているうちに離島に行こうと思っていたので、テイクアウトを考えていたのですが、できないと言われました

たしかにこの容器ならテイクアウトはされたくないですよね。

 

ジュースの方は多分テイクアウトできると思います。

 

私の食べたパイナップルのフラッペは、甘くて最高に美味しかったです。

石垣のパインの甘さは別格ですね。

 

妻はグァバのフラッペに練乳をかけて食べていました。

一口もらいましたが、こちらも甘くて美味しかったです。

 

光楽園は見通しのよい直線道路の途中に急にあらわれますので、行かれる方は私のように通り過ぎないように気をつけてください。

 

水牛車(竹富観光センター)

光楽園の後は、午後から曇り予報だったのでフェリーに乗って竹富島に行きました。

フェリーが到着すると既に竹富観光センターの送迎バスが停まっていて、すぐに移動しました。

 

竹富観光センターの中は待合室兼お土産屋さんとなっていて、雨なのに人で混雑していました。

 

早々に水牛車の受付を済ませて、待つこと10分ほどで案内されました。

 

結局、曇り予報はまったく当たらず、ずっとザーザー雨でしたが、水牛車は屋根がかかっているので濡れませんでした。

 

レンタサイクルの人たちはカッパを着ていましたが、かわいそうでしたね。

 

水牛車には呼ばれた順に前から詰めて乗車していくのですが、私たちはあいにく最後に呼ばれたため、自分たちが乗っている水牛よりも、うしろの水牛車の水牛ばかり見ていました。

 

f:id:plus_ten:20180827214520j:plain

 

後ろの水牛は足が速いようで、結構プレッシャーがすごかったです。

 

f:id:plus_ten:20180827215140j:plain

 

水牛に乗りたいと言っていた肝心の娘はというと、乗っている最中はこんな感じですましていました。

 

割と「あれやりたい、これやりたい」「あれ欲しい、これ欲しい」という願いを叶えてあげても、期待するほど喜びません。

 

クリスマスの時なんて、ずっと欲しいと言っていたプレゼントをあげて、さぞ喜ぶかと思いビデオを回したのですが、頼んでいた通販が届いたばりの冷静なリアクションにガッカリしたのを覚えています。

 

でも今回もそうですが、後になって「牛さん楽しかったね」と言ってくれるので、良しとします。

 

 

グルっと島内を回って、観光センター付近になると、ガイドの方が三線をひきながら歌を歌ってくれます。

雰囲気があってとても良かったです。

 

観光センターに到着すると、水牛の前で写真撮影をしてくれます。

大きい写真は購入になりますが、小さな写真の記念品は無料でプレゼントされます。

 

傘をさしている写真がイマイチだったので、購入はしませんでした。

 

他のお客さんの撮影が終わった後に、自分たちで撮影しようとしましたが、「危ないから近づかないで」と言われたし、雨が最も強く降っていたのであきらめました。

 

竹富島は残念ながら、水牛車だけを体験して後にしました。

 

舟蔵の里

f:id:plus_ten:20180827221201j:plain

石垣2日目の夕食は、三線と舞踊のライブが聞ける舟蔵の里に行きました。

石垣もザーザー雨が降っていて、お店の玄関の前は大きな水たまりになっていました。

 

ご飯はどれも美味しかったですが、まるさよりは高いです。

それと、料理が運ばれてくるのが結構遅いので、追加注文は控え、最初にたくさん頼んでおいた方が良いです。

 

f:id:plus_ten:20180827221255j:plain

 

f:id:plus_ten:20180827221303j:plain

f:id:plus_ten:20180827221332j:plain

 

このお店では海ぶどうに酢味噌がついてきたのですが、付けて食べたらおいしかったです。

 

ちょうど食べ終わった頃にライブが始まりました。

 

f:id:plus_ten:20180827221750j:plain

f:id:plus_ten:20180827221624j:plain

 

ダンスが大好きな娘はノリノリで踊っていました。

 

私たちも「オリオンビール」の歌で他のお客さんと乾杯したりして楽しかったです。

娘は青森に帰ってきてからも歌を口ずさんでいます。

 

レンタカーで来たので2人ともノンアルコール。

お会計は、3人で6,858円でした。

 

石垣島鍾乳洞

3日目は本来朝からカヌーツアーの予定でしたが、この日も雨であえなくキャンセル。

そこで、雨でも楽しめる定番スポットの鍾乳洞に行ってきました。

 

やはり雨がザーザーで外観は撮れず。

 

f:id:plus_ten:20180827222928j:plain

 

中はこんな感じでライトアップされいてキレイでした。

 

ただし、洞窟の中だから雨でも大丈夫だろうと思いきや、結構上から水滴が落ちてきます。

 

傘をさすほどではないですが、服は濡れます帽子はあった方が良いでしょう

ちなみに、私はリュックにカバーもかけました。

 

また、大きな水たまりもあるので、靴だとびしょびしょになります。

雨量にもよると思いますが。

 

f:id:plus_ten:20180827224338j:plain

 

鍾乳石には色んな形があり、ところどころ、こういった看板で何かに見立てていました。

 

娘は下からニョキっと伸びている鍾乳石がお地蔵さんに見えたようで、一人で拝んでいました。

 

ここでも途中で写真撮影があります。

表情も良かったし、この暗さでキレイに集合写真を撮るのは自分たちでは難しかったので、今回は購入しました。

 

結構距離もあり階段もあるので、出口に着くころには娘も歩き疲れていました。

妻は最初から最後までコウモリにおびえていましたが、残念ながら姿はあらわしませんでした。

  

やいま村

f:id:plus_ten:20180827225404j:plain

ここも雨の日の定番スポットと言われています。

入場料は、「やいま村 クーポン」で検索すれば、1割引きのクーポンが出てきます。

 

しかし、中に入ると雨が非常に強くなってきました。

 

てっきり濡れずに楽しめると思っていたのですが、屋根のない外を普通に歩きそうな雰囲気だったので、入り口から入ってすぐ右手の出口から出ました。

村の滞在時間は1分程度です。

 

入場券があれば再入場が可能だったので、天気が回復したら出直すことにし、午後に予定していた買い物を先にすませることにしました。

 

さよこの店

この日の夕食の時間が早いので、昼食はさよこの店のサータアンダギーのみで済ませることになりました。

これも妻のリサーチしたお店で、口コミで評判が良いお店でした。

 

ちなみに撮影NGなので写真はありません。

 

私たちが着いたのが11時半ころで、駐車場が1、2台分しかないのですが運良く停めることができたので、中で食べていくことにしました。

 

さまざまな味のサータアンダギーが決められた時間で焼き上がるのですが、私たちが着いたときには「バナナ味」のみ売っていました。

 

その後も続々と焼き上がり、私はこの他に「ニガナ」と「プレーン」をいただきました。

 

「ニガナ」は漢字で「苦菜」と書きます。

外見は他の種類と同じですが中は緑色です。しかし、味はまったく苦くなく、とても美味しかったです。

 

サータアンダギーはどれも1個60円とリーズナブルで、とても満足度が高かったです。

 

ユーグレナモール

石垣で最も有名なショッピングモールです。

アーケードがかかっているため、雨の日でも濡れずに買い物をすることができます。

 

さよこの店から向かう道中で娘が寝たため、妻をユーグレナモールに置いて私は娘とホテルに帰りました。

 

よって、ユーグレナモールの感想はとくにありませんが、妻からは(定番の)商品が一番安かったと聞きました。

 

やはり石垣旅行ではかかせないスポットでしょう。

 

川平湾

妻の買い物を終えた頃には雨がほぼ止んだので、娘が起きてすぐにやいま村に向かいました。

 

しかし、その道中で、北の方角に青空が広がっているのが見えました。

 

今回の旅行でほとんど見ることがなかった青空に興奮し、急遽予定を変更して、妻が最も行きたかった川平湾に行ってみよう、ということになりました。

 

果たして本当に川平湾は晴れているのか、それとも無駄足に終わってしまうのか、一か八かでした。

 

そして、着いた私たちを迎えてくれたのは、

 

f:id:plus_ten:20180827231743j:plain

 

この天気と絶景でした。

 

晴れほど日差しが強くなく、曇りほど暗くない、写真を撮るにはベストの天気でした。

 

そして海がキレイ

ものすごくキレイです

 

去年見た本土の古宇利島の海もキレイでしたが、あちらはエメラルドグリーンのような鮮やかなキレイさでした。

 

一方、川平湾は透きとおるような透明のキレイさで、うっとりとしてしまいます。

 

f:id:plus_ten:20180827232242j:plain

 

これには水が大好きな娘も大興奮。

 

f:id:plus_ten:20180827232606j:plain

 

どうぞ、どうぞ、着替えならありますから、好きなだけ入ってください。

 

と、言いたかったところですが、夕食の時間が早かったので、30分ほどの滞在で後にしました。

 

当然、娘は帰りたくないとグズりまくり大変でしたが、短い間でもこのキレイな海に入れたことは本当に良い思い出になりました。

 

結局時間がなく、やいま村には立ち寄りませんでした。

 

炭火焼肉 やまもと

f:id:plus_ten:20180827234346j:plain

とても有名な石垣牛の焼肉屋さん、やまもとです。

 

人気すぎて2ヶ月ほど前に予約の電話をしたのですが、開店時間の17時と、遅い時間しか空いていないと言われ、遅い時間だと人気のお肉は完売するらしいので、17時にしました。

 

私たちは開店の15分前に着いたのですが、駐車場に車を停めて入れたらお店の方が声をかけてくださり、開店時間前に入店させていただきました

 

f:id:plus_ten:20180827234859j:plain

f:id:plus_ten:20180827234910j:plain

f:id:plus_ten:20180827234921j:plain

f:id:plus_ten:20180827235108j:plain

 

2枚目の写真がネギタン、3枚目の写真が焼きシャブです。

どちらも人気で完売になる商品です。

玉ねぎを巻いてポン酢で食べるのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

お会計は、3人で13,820円でした。

 

値は張りましたが、今回の旅行は天気が悪かったのでせめて美味しい物をたらふく食べようと思い、美味しお肉をお腹いっぱい食べました。

 

壁には野球選手のサインがたくさん書かれていました。

きっとキャンプで訪れてこちらの店をよく利用されているのでしょうね。

 

こんな美味しいお肉は初めて食べたと思うくらい、美味しかったです。

 

もしまた石垣を訪れる機会があれば、絶対に来たいと思えるお店でした。

 

とても人気があるお店なので、とにかく早めの予約が必須です。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

雨の日の歩き方ということで記事を書きましたが、晴れているときのことも書いてしまいました。

 

あとで調べて驚いたのですが、石垣の去年の年間日照時間は、私の住んでいる青森県の町よりも短かったです。

 

それだけ、石垣旅行で天気に恵まれない人も多いということではないでしょうか。

 

何よりも大事なことは、雨でも落ち込まずに楽しむことです。

 

私たちは晴れていたらできたであろうことが想像できるので、天気が悪いと「あれもしたかった、これもしたかった」とマイナスに考えがちですが、娘は最終日、「帰りたくない」と何度も言うほど、天気の悪い石垣を楽しんでいました

 

娘にとっては、何もかもが新鮮で刺激的で楽しかったに違いありません。

その純粋な感覚こそ、私たちも子どもに倣って持つべきなのだと思いました。

 

 

ちなみに現在3歳の娘は、今回の旅行で飛行機の搭乗回数が8回になりました。

本当に良い経験をしていると思います。

 

そして、今回の旅行で帰りに乗った飛行機が、大好きなミニーちゃんの飛行機だと大喜びしていましたが、実はそれ、ジンベイザメだったんだよ。

 

f:id:plus_ten:20180827235927j:plain

 

今日も世界中で幸せな出来事が起きますように。