幸せの見つけ方

日々の幸せをシェアし、一人でも多くの人を幸せにし、子どもたちが安心して暮らせる社会をつくるブログ

お金持ちは幸せだと思っているひとは、お金を持っても幸せになれない理由

スポンサーリンク

f:id:plus_ten:20180712122928j:plain

どうも、ぷらてんです。

 

突然ですが、みなさんはお金持ちになりたいと思いますか?

お金持ちになると幸せになれると思いますか?

 

答えはNOです。

 

今日はその理由についてお話ししたいと思いますのでお付き合いください。

 

 

スポンサーリンク

?

 

私はお金持ちになりたい

f:id:plus_ten:20190307145320j:plain

ちなみに私はお金持ちになりたいです。

 

なぜなら「お金がないから」という理由でできないことが、お金ががあるだけでできるようになるから。

 

自分自身のことなら我慢できますが、娘のことで「価値のあるお金のつかい方」を我慢させたくないのです。

 

 

わかりやすい例でいうと、高校生になった娘が「○○大学に行きたい」と進路について相談をしてきたときに「私立は学費が高いからダメ!」とは言いたくありません。

 

行きたい理由が「仲の良い友だちが行くから」だけであれば、価値を感じないので「ダメ」と言うでしょう。

 

一方で○○大学のカリキュラムや特定の研究内容に興味があり、そこに行くことが自分の進学先としてはベストであると娘が導き出したのであれば、それは十分に価値のあるお金のつかい方です。

 

そんなときにお金がないからという理由でダメと言うのは、娘の可能性をつぶすことにつながります。

 

 

また、お金持ちになることは自分自身の努力や成長の証です。

常に今よりお金持ちを目指すことは向上心があり、前向きな気持ちで人生を楽しむことができるでしょう。

 

お金持ち=エラい?

f:id:plus_ten:20180723215426j:plain

以前、職場の先輩が「奥さんの方が自分より稼いでいるからイヤミを言われる」とグチをこぼしていました。

 

しかし決してその先輩が仕事ができなくて給料が低いわけではありません。

奥さんが看護師で自分以上に給料をもらっているだけの話です。

 

もし私が妻に同様のことを言われたら「それなら1回金塊を密輸するだけで100万円をもらえるおいしい仕事があるから、今の仕事やめても良い?」と言い返すでしょう。

 

 

給料は所属する会社の規模や経営によって左右され、会社の経営は景気や社会的需要によって左右されるところが大きいです。

 

「私は学生時代に猛勉強して国家資格を取得して、その結果として高い給料の仕事に就いているんだから、私の方がスゴいんだよ!」

という気持ちも心のどこかにあるのかもしれません。

 

それはもちろん立派なことですが、どんな仕事であろうとひとの役に立つために誇りを持って行っていれば給料の差によって優劣を感じることはおかしいと思います。

 

働く理由はお金ではない、ということは下記記事でも紹介しています。

 

www.plus10net.com

 

このことが理解できれば、経済状況をひとと比較する無意味さが分かってくると思います。

(私のように過去の自分と比較するのはOK)

 

「給料が高いからエラいんだ」と言って自分にしかお金をつかわないお金持ちよりは、猛暑の被災地で無償の復興ボランティアに参加しているひとの方が、よっぽど崇高でエラいと思いませんか?

 

お金持ち=幸せ?

f:id:plus_ten:20180723215450j:plain

下の記事で「給料が低いから不幸」みたいなことを例としてあげましたが、実は私自身はまったくそうは思っていません。

 

www.plus10net.com

 

お金持ちのひとを「幸せそう」だとか「うらやましい」と思う感情は、となりの芝は青いということわざで表現することができます。

 

では実際、お金持ちで幸せそうに見えているひとは本当に幸せなのでしょうか?

 

 

幸せを感じるレベルは、ひとによって当然ちがいます。

特にお金で手に入る幸せは、お金を持つほどそれに比例して幸せと感じるレベルも高まるものです。

 

同じ会社で働くAさんとBさんで説明してみましょう。

 

年収400万円の会社員Aさんは、普段乗っている軽自動車では満足できず車を変えたいと思っていました。

そこで毎月コツコツお金を貯めようやく念願のアルファードをローンで購入し、とても満足しています。

 

年収800万円の会社役員Bさんは、普段乗っているアルファードでは満足できず車を変えたいと思っていました。

そこで毎月コツコツお金を貯めようやく念願のレクサスをローンで購入し、とても満足しています。

 

いかがでしょうか。

きっとAさんはいつもアルファードを乗り回しているBさんを見て「うらやましいな。俺もアルファードに乗れたら幸せだろうな」と思っていたことでしょう。

 

しかし実際にアルファードに乗っていたBさんは、アルファードを手にしている現状に満足していませんでした。

 

このちがいはAさんとBさんの所得格差、金銭感覚のちがいが生んだものです。

 

Aさんから見てBさんはお金持ちだから幸せそうに映るのですが、Bさんはもっとお金持ちのCさんをそう思って見ています。

 

 

結局どんなにお金を手にしても、自分より上のひとと比較している限り今の自分に幸福を見出すことができません。

 

お金持ちは幸せだと思っていていつまでも目の前の幸せに気づけないひとは、結局お金を持っても幸せにはなれないのです。 

 

まとめ

f:id:plus_ten:20180723224240j:plain

今の自分の日常に幸せを感じましょう。

何も特別なことがないたいくつな日常だとしても、その平穏無事な日常すら送れないひとにとっては、十分すぎるほどうらやましく幸せに映っています。

 

そもそも生きていること自体が、もっと生きたかっただれかにとっての求めつづけた幸せなのです。

 

 

私たち夫婦は何かをしてもらうたびに互いに「ありがとう」と言い、毎日幸せを感じています。ゴミ捨てひとつに対しても、自然に感謝の言葉が交わされるレベルです。

 

もちろん娘にも「生まれてきてくれてありがとう」と口に出して伝えています。

 

これらのことが当たり前だと思ってしまうと、途端に幸福度が低下することを分かっているからです。

 

みなさんも、まずは当たり前のことに感謝をするところからスタートしてみてください。

それだけで言う側も言われる側も幸福な気分につつまれますよ。

 

 

 

ちなみに娘がまだ2歳のころ、ご飯を食べ終わってすぐに「ごちそうさま」も言わずに席をたとうとしたので「ママになんて言うの?」って聞いたら「ママ、いつもありがとう」って言いました。

 

いつも私が妻に言っている言葉を聞いて覚えていたのだと、本当にびっくりしました。そして妻は驚きと感動で泣いていました。

 

今日も世界中で幸せな出来事が起きますように。

 

 

---にほんブログ村参加中---

「イイね!」と思っていただけたら軽い気持ちで「ポチっ」とお願いします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ
にほんブログ村