幸せの見つけ方

日々の幸せをシェアし、一人でも多くの人を幸せにし、子どもたちが安心して暮らせる社会をつくるブログ

暮らしのまとめ

暮らし方、家についてなど

高齢者が運転する車が突っ込んできて、危うく巻き込まれそうになった話

先日あやうく交通事故に巻き込まれそうになりました。それをきっかけに高齢者の運転について記事にしました。あらゆる可能性は排除できませんが、危険予測が大事だという結論です。

銭湯が入れ墨OKだって知っていました?

銭湯が入れ墨OKだって知っていましたか?その意外な理由と、銭湯でそっち系のひとと出くわしたときに子どもにかけてあげる言葉をご紹介します。

絶対に後悔しない家づくりの秘訣は業者から言われた最高のアドバイス

家は人生で一番高い買い物ですが「3回建てない」と満足しないと言われるほど後悔が多いそうです。しかし私は業者から言われた最高のアドバイスのお陰で後悔のない家を手に入れることができました。

それって本当に必要?掃除が楽になる断捨離テクニック

私はもともとムダな物を置かない主義で、インテリアもシンプルなものが好きでした。 そうしている一番の理由は掃除が楽だから。 掃除が大変なのはそもそも汚れているからであって、汚れない工夫さえしていれば実はとても簡単だったりするのです。

壮大な宇宙の講義でわかったのは「ゴミを分別しましょう」ということ

学生時代に受講した講義で、前から信じていた「宇宙人はぜったいにいる!」が確信にかわりました。 しかし、この講義のおもしろかったところは、はじめは壮大な宇宙の話だったのに、さいごにはとても身近な話でしめくくられたことだったのです。

お金持ちが美術品を買う理由がわかれば、資産運用の道すじが見えてくる

私は、とあるきっかけからは資産運用をはじめました。 これまで経験したのは、投資信託、株、仮想通貨、ソーシャルレンディング、ロボアドバイザーです。 今回、そのおおまかな実績と、私が4年ほど資産運用を続けてたどり着いた結論について記事にしました。

近居のススメ|父が手にした「最高の人生」

今回は「最高の人生」について考えてみました。 このテーマは、ひとによって最も価値観がことなる部分ではないでしょうか? 私なりにももちろん、えがいている「最高の人生」というものがあり、それは父が歩んできた道そのものでもあります。

号泣する妻に起こされた私は、新年早々、今年一番の楽しみを失いました

先日、お腹のなかの子どもが亡くなりました。 本来なら、4月に生まれる予定でした。 これで2年続けての死産です。 あまりにつらく、悲しい出来事ですが、少しでもだれかに気持ちを聞いてもらいたい一心で、頑張って記事にすることにしました。

クリスマスプレゼントは陸マイラーの入場券

先日、私のもとにもクリスマスプレゼントがとどきました。 それは、通称「SPGアメックス」とよばれる、ある界隈では有名なクレジットカードです。 ある界隈とは陸マイラーと呼ばれるひとたちのことで、私は陸マイラーの入場券を手にいれました。

立つ鳥あとを濁さず|円満退社のススメ

退社理由にはさまざまあると思いますが、たとえそれがケンカ別れだとしても、さいごには笑顔でやめるべきだと考えています。 今回は、私が円満に仕事をやめるために気をつけたことをまとめてみました。

クリスマスプレゼントは子どもがほしいものを買うべきか?

今年もクリスマスの時期がやってきましたね。 私たちはもうすでに買いましたが、今回はけっこう頭を悩ませることがあったので、そのことを記事にしてみました。 同様の悩みを抱えるパパさんママさんは多くいらっしゃるのではないでしょうか?

どうして自己負担0円で大好きな旅行ができているのか?

私たち家族は旅行が好きで、子どもが産まれてからだけでもディズニー4回、USJ1回、沖縄2回、その他東北各地に行きました。 友だちから「よくお金あるな?」と言われます。 しかし、実はある方法で毎回ほとんど自己負担なしで行っているのです。

本を読めなかった私が、ビックリするほど早く読めるようになった方法

フリーランス転向にあたり、アウトプットの時間をつくるのが精一杯で、なかなかインプットの時間がつくれません。 もともと、本を読んで知識をひろげたいきもちは強かったのですが、仕事と子育てに追われて時間がとれないことに悩んでいました。

準備で決まる!?超繁忙期に子ども5人つれて青森県からディズニー旅行

実は私たち3兄弟の妻グループ(通称:嫁会)の間では「みんなでディズニー行きたいね。」と話していることを以前から聞いていました。 「妻を元気づけるにはこれしかない!」と直感で感じ、4家族総勢13名のディズニー旅行計画がはじまりました。

11年前にレーシック手術を受けた私の目に起きたこと

もう11年前にもなりますが、突然父が「レーシック手術受けてみないか?」と持ちかけてきたのです。 私は中学生のころからコンタクトレンズをつけていました。 メガネに比べ面倒で、目に良くないこととは感じていましたが、スポーツをやっていたので仕方なく。

2人目が産まれるタイミングで仕事をやめることにしました

平日の仕事帰りに娘と公園で遊んでいたとき、あまりに夕焼けがキレイだったので撮影した、哀愁ただようこの写真。 このとき、私は12年間はたらいてきた仕事をやめようと決心しました。

高校生時代から15年間、同じ体重をキープしている私が守っている9個のルール

ちょっと自慢になりますが、7月に35歳になった私ですが、年齢より5歳近くは若く見られます。 なぜ見た目より若く見られるのかと自己分析すると、それは昔から変わらない体型にあるのではないかと思っています。

田舎から学ぶ、人口減少社会を前向きに生きぬくヒント

私は昭和の時代が好きです。 現代と比較すると、スマートフォンもない、東北新幹線も開通していない、お店も24時間営業が少なく、きっとタイムスリップしたら不便を感じることでしょう。 逆に考えると、「便利が生まれる期待感」に包まれていたとも言えます。

35歳になり、何がどう変わったのか冷静に考えてみた

私ごとですが、先日、35歳の誕生日を迎えました。 妻に「35歳の感想は?」と聞かれたのですが、特に思いつかなかったので「人生の折返しだな」と答えました。 そこで改めて「35歳の感想は?」の問に対し、真剣に回答を考えてみました。

お金持ちは幸せだと思っているひとは、お金を持っても幸せになれない理由

突然ですが、みなさんは、お金持ちになりたいと思いますか? 私はお金持ちになりたいです。 なぜなら、「お金がないから」という理由でできないことが、お金ががあるだけでできるようになるからです。

法定速度を守ったら、驚くほどすべてがうまくいくようになった話

突然ですが、みなさん法定速度守っていますか? 当然守っていなければ道路交通法違反になるわけですが、ぶっちゃけ守っていない人が多いですよね。 かくいう私も恥ずかしながら、法定速度を守らず捕まった経験があります。

誹謗中傷するひとの頭の中

先日、「プラスの言葉を発しよう」という内容で記事を書きました。「誹謗中傷」は、これとは真逆の行動であり、人生においてまったくプラスにならない行為です。 誹謗中傷をくり返していて、そのひとが幸せになれるとはとても思えません。

私の辞書から消した言葉

プラス思考のひとは、プラスの言葉をよく発します。一方で、マイナス思考のひとは、マイナスの言葉をよく発します。マイナスの言葉を発していると、幸せが逃げていきます。友だちや大事なひとまで逃げていくので、くれぐれも気をつけてください。

ストレス解消の魔法の言葉|うんち、うんこは考えない!

プラス思考をこころがけるうえで、ストレスと上手につきあうことは大事なことです。 ストレス耐性をつける方法もあると思いますが、ここでのゴールは、ひとがストレスと思うことをストレスと感じなくなることです。 そのヒントが、このタイトルにあります。

絶対に今より幸せになれる、たった1つの方法

この方法を知らない人がこれを実践すれば、絶対に今より幸せになれます。 「今より幸せを感じる機会が絶対に増える」といったほうが表現としては適切ですね。 とても簡単な方法なので、ぜひやってみてください。

ブログをはじめる理由

「幸せ」の「見つけ方」。 そう、幸せというものは偶然に訪れるものではなく、実は目の前に転がっていることがほとんどです。 それに気づけるか、気づけないか、見つけられるか、見つけられないかの違いだけなのです。